男の人

デザインにこだわってオリジナルな注文住宅を建てる

中古の価値観が変わる

住宅

悪いイメージを払拭

中古一戸建ては、昔と比べてその価値が見直されてきています。日本の一戸建て住宅は、今まではほとんどが新築を購入するのが一般的でした。しかし、その結果空き家が増加し、その対策が急がれている状況となったのです。茅ヶ崎では高齢化の影響もあり、空き家の数がたくさんあります。ただし、中古一戸建ての動きが活発になり、お得なメリットから購入する人も増えてきました。中古一戸建ては築年数や古いイメージを気にする人も少なくありませんが、全てがそういったデメリットを持っているわけではありません。耐震性の技術も進化するようになってきた今では、築年数が経過していても丈夫な住宅は多いです。茅ヶ崎でも、丈夫で比較的新しく見える中古一戸建ては少なくありません。そのような物件を、いろいろな情報から見極めていかなければいけません。

見極めるためのポイント

いい中古一戸建てを探すためには、築年数だけで判断しないことです。築年数がある程度経った中古一戸建てであっても、見た目や丈夫さに特に問題なく生活できるところはあります。その理由は、住宅の管理を正しく行ってきたために十分な状態が続いているからです。築年数が浅い中古一戸建てであっても、管理が行き届いていなければ問題だらけの住宅になってしまいます。そのため、築年数が心配な点だとしても、現場を視察してから判断するようにしましょう。最近はリフォーム済みの中古一戸建ても増えてきており、茅ヶ崎でもそういう物件は珍しくありません。そして、耐震性の確認もできたら行っておくのがいいです。2000年以降に建てられた住宅は、耐震性の基準を満たしているのがほとんどと言われています。2000年以前であっても、優れた技術で耐震性を強化している住宅もあります。以上のようなことに気を付けて中古一戸建てを探していくとともに、中古住宅の取り扱いが豊富な不動産屋に紹介してもらうのもおすすめです。茅ヶ崎では中古住宅を豊富に扱う不動産屋が多いため、いろいろな面で頼ることができます。